news

お知らせ

  • 太陰脾経

    • 陽明胃経

      • 陽明大腸経

        • 太陰肺経

          • 臨時休業のお知らせ

            • 先書きと連絡事項、あるいは雑談

              • 最初のあいさつ

                公孫
                2022/10/01

                 四日市市より発信するかんね。

                 今回は「公孫(こうそん)」というツボです。今までのツボ、足の親指の骨に沿って登ってきてますが、ここで骨の根本あたりまで来てるでしょう。注意深く骨を辿れば、ここはちょっと凹んでいるはずです。

                 昔の人は実に注意深くツボを見つけていったのだなあと思います。でもこのツボの効能は太陰脾経としてシンプルに、腹痛とか消化不良の改善とかですね。下痢にもいいらしいです。

                 前回の「太白」は体のエネルギー吸収を手助けするような効果もありましたので、巡って腰痛や肩こり頭痛にもいけるんじゃないかって想像しましたが、こっちはもっと胃痛や腹痛へのアプローチが強いみたいですよ。
                公孫
                公孫
                太白
                2022/09/30
                 四日市市より発信だ。

                 「太白(たいはく)」というツボに来ました。東洋医学における「脾」消化器全般の不調がここで治そうと思えば治せるらしいですよ。マジ?

                 あと、消化っていうの体に栄養を取り込むことですから、その調子を整えるってことは体にもエネルギーが巡りやすくなります。なんとなくかったるいとかだるいとか疲れやすいとか、そういうときにもここが使えます。

                 そういうだるーい感じの痛みだったら、腰痛の改善には効くと思います。肩こりや頭痛にもいけるでしょう。
                太白
                太白
                大都
                2022/09/20

                 四日市市から、発信ですよー。

                 次のツボは「大都(だいと)」足の親指の関節には少し膨らんでるところがあると思いますが、その前方にありますな。胃痛や消化不良を改善するっていうのと、下痢にも便秘にも両方有効って聞いてます。頭痛肩こり腰痛とはまた別種の痛みっぽいです。

                 しかしこんなところに「都」があるとはどういうこっちゃ?と思って調べると、ここでいう「都」はただの「足趾」を意味する言葉らしいですわ。で、「大」はそのまま大きいもの。さっきも言った通り、ちょっと膨らんでるところが近くにありますから。
                大都
                大都
                隠白
                2022/09/10
                 四日市市より発信しますねー。

                 太陰脾経の最初のツボは「隠白(いんぱく)」別名が「鬼眼」禍々しい別名シリーズ、ついに鬼がきました。鬼は外~!……って、こんな足先にあるんじゃどっちかっていうと蹴りに行く感じなのか?

                 場所は足の親指の爪の根本のお隣さん。解剖学的には「足の第一指内側、爪甲角の内一分」って書くんですけど「足の第一指内側」って言われると、例えば右足の親指の爪を見たとき、「内側」って言われて爪の「右側」を見たりしません?私だけかな?

                 正しくは、右足なら足の親指の爪の「左側」の斜め下。一分は一寸の十分の一ですからほんのちょっとです。ああもう、似た文字だらけだと書いてるこっちの頭が無駄に回ります。要は「ここだ!」って示した方が手っ取り早い。

                 このツボは夢を多く見るタイプの睡眠障害を改善するって話があります。が、それより目立つのが不正出血、血便、血尿と言った血液関係の症状。血の巡りが悪いと嫌な夢を見るっていうのはなんとなーく理解できそうな気がしません?そういう巡りを良くするツボなら、腰痛とか肩こりとか頭痛とかにも効きそうな気がするんです。気のせいです。こんな足先で腰痛頭痛肩こり治しちゃった時はぜひ教えてください。
                隠白
                隠白
                太陰脾経
                2022/09/01
                 四日市市より発信だ!

                 前回で陽明胃経が終わり、続いての経絡はこちら、「太陰脾経」僕が覚えたのはこちらの歌からでした。(https://www.youtube.com/watch?v=OzswiKcwzm0)チャーンチャチャチャンチャンチャーチャチャチャチャンチャンチャーチャチャチャチャチャチャチャンチャチャチャチャン!

                 私の場合は「脾」って言う漢字自体、鍼灸学校で習うまで使ったことがない文字でした。脾臓の脾と同じ漢字ですが役割は違うものでして、消化器系全般に関わることが多い要素です……そもそも脾臓なんていうのも鍼灸学校で習うまで知らなかったような気がする。

                 よくわからない?だいたいお腹の病気に効くようなツボが並んでいます。もののついでに腰痛の改善も狙えるって感じ。場所から言えば頭痛とか肩こりには届かないみたいだけど、巡り巡ってなんとかなんないかなぁ。

                 国試的には、特にお腹を進むときに隣になんのツボがあるのかが重要になったりしますがこのお知らせブログではいつも通り超いい加減なニュアンスで進めますので気にしなくて大丈夫です。全部で21個ありますよ。それじゃ、登っていくとしますか。
                太陰脾経
                太陰脾経

                「稲垣鍼灸院」は四日市市で肩こりや腰痛、頭痛などの改善に向けて治療を行っております。

                上へ戻る